1990年代のバブル崩壊以降、日本では当時の株価をいまだ超すことができません。 2015年にはやっと日経平均株価が2万円に達しましたが、それでもバブル期の株価に比べたら10000円以上もちっちゃいのです。

一方、毎年高値を更新積み重ねるのがアメリカのダウ工業株価だ。 リーマンショック時は停滞しましたが、近年の経済不安は難なくこなして、新高値を目指し続けている。

低迷講じる日本と株価上向きのアメリカのどちらに投資するか、と問われたら、普通はアメリカですよね。

米国株式への投資と言うと、なんだかハードルが高い印象を受けるかもしれません。 が、現在は日本国内のネット証券を利用すれば、簡単に投資行える環境が整っています。

以下では米国株式への投資に関して、概略を紹介します。

ちなみに筆者はニューヨーク市場に上場するETFの売買を通じて、初めて海外株式デビューをしました。 ETFならNISAのキャンペーンにて買付手数料無しで貰えたり講じるんですよね。

米国株式が手軽な理由

米国株式への投資は、おそらくあなたが想像するよりも遥かに手軽だ。 その最大の理由は、初めての株式購入。株を貰うにはいくら有償なの?で触れた単元株制度がないため、1株から株式を売買できるためだ。

例えば、最近上場したLINE株式会社の株を購入する場合、日本では40万円程度の有償ですが、米国市場の場合は40ドル程度で済みます(米国市場のLINEはアメリカにおいて海外に投資する方法 -ADRによる株式売買-を)。

インストックネットは10万円程度からの少額資産運用を紹介するサイトですが、実際日本の株式は10万円の運用資金では買えない銘柄も多いです。 一方、単元制度の無い米国株式の場合には、おそらく上場するほとんどの銘柄に投資できるはずです。

AppleもGoogle(グーグルに投資する方法)も1,000ドル(約10万円)未満で1株支払えるのです。

米国株式でどのように利益を押し流すの?

米国株式には、原則株主優待制度はありません。 そのため、運用上の利益は、

マージン
配当金・分配金
貸株
のいずれかで利益を描き出す必要があります。

優待が無い以外は、特に日本の現物取引と異なる点は無いですよね。

マージンで利益を押し出す

買った株式が値上がりしたら売却する、というごく普通の運用だ。

配当金・分配金で利益を打ち出す

保有する株式の株主になって配当金を貰う、というごく普通の運用だ。

米国株式は、株主優待が無い分だけ利回りが大きい銘柄も数多く、4%前後かそれ以上の銘柄も数多く存在します。 それをNISA口座において保有することでリターンを得るのです。

ドル建てでの入金になりますが、ETFは毎月分配の海外ETFに投資してみようのように、毎月分配が受け取る銘柄もあります。

なお、配当金・分配金は米国本土での課税を通じて10%が源泉徴収されている。 特定口座で保有している場合には、日本での課税も向かうために、ダブル課税になってしまいます。

これは少々手間がかかりますが、確申を通じて外国税額控除を申請することで、日本での課税を減税頂けるだ。

なおNISAで保有していても、10%は源泉徴収されます。 NISAの場合、日本国内では非課税のためにダブル課税に該当せず、外国税額控除によることはできません。

ちょっと面倒臭いところですね。

配当金をお得に運用する方法

余談ですが、ドルで取得した配当金・分配金には金利がつきません。 そこでオススメしたいのが、外貨建てMMFで資産運用!外貨預金ものの低リスクが魅力!で紹介した外貨建てMMFでの運用だ。

外貨建てMMFは、日本円MMFと異なり、30日以内で解約してもペナルティがつきません。 取引にタイムラグが無いため、任意のタイミングでMMFを取り崩して米国株式の買い付けに充てる、といった運用が可能です。

筆者は毎月分配の海外ETFに投資してみようで示したETFから得た分配金をドル建てMMFに放り込んでいる。 ある程度まとまったら次のETFを貰う、という運用方法だ。

貸株で利益を鳴らす

自身が保有する株を貸し出すことを貸株と言います。 貸株を通じて貸株金利を受け取ることができるため、万が一塩漬けになったとしても利益を見込むことが出来ます。

バイナリーオプションとFX

どの証券会社からも米国に投資もらえる
10000円程度の少額からもらえる
銘柄を選ぶ必要が無い
手数料の高い投資信託や通貨選択型(通貨選択型の投資信託って何?)もある
などの特徴があります。

少額で銘柄を選ぶ必要は無いのですが、投資信託には際立つ商品ってあまり優れていない商品が混在しており、商品選択が酷い面もあります。

一方、米国株への直接投資の場合、

1株から投資できるので投資信託以上に少額から投資見込める
GoogleやAppleなど有名な企業に直接投資もらえる
海外ETFは日本の投資信託に関して手数料体系が安価
といった利点があります。

好みにもよるでしょうが、個別企業への投資や効率的な運用を目指すなら米国株への直接投資を、より手軽さを重視するなら投資信託を選ぶのが良いと思います。

もちろん両方利用するのもOKです。

キャッシングを手軽に考えると破産

株式会社は「株券」を発行行なう。
今は電子化され姿はありませんが、かつてはデパートの商品券という株券が印刷され、証券会社や信託銀行の金庫に保管されていました。

では、「株式会社」って何なのでしょうか?その始まりを説明していきますね。

世界最初の株式会社はオランダ

世界で最初の株式会社は、1602年にオランダ・アムステルダムに設立された「VOC」だ。英語ではダッチイーストインディアカンパニー(Dutch East India Company) とも呼ばれ、日本語ではオランダ東インド会社と言われます。

VOCは支店が日本にも置かれ、ヨーロッパってアジアの交易に従事していました。VOCの日本支店は長崎の出島でした。江戸時代の鎖国政策で唯一の例外が、中国とオランダだと学校で教わりましたよね? 長崎出島の日蘭貿易は実は江戸幕府ってオランダ東インド会社との貿易そのものだったのです。

長崎の出島は日本の貿易の中心だった!

そうなんです。そして当時のオランダVOCは徳川家康の納める日本との交易を出島でスタートさせました。具体的には島根県の石見(いわみ)銀山からの銀を輸出していました。当時の日本は、世界の銀の3分の1を出荷していたと言われます。

ちなみに江戸時代の新潟県佐渡金山は世界最大の金の産出を誇っていたそうです。まさに金銀財宝の国ジパングだったんですね。

では、オランダ国王は徳川家康公納めるジパングから買った銀を安全確実に貴族社会である中世ヨーロッパに送り届けることができたのでしょうか?

想像に難くないですが、当時の海路には海賊が大勢いました。造船技術も航海技術も未熟なので、嵐に遭遇するというひと溜まりもなく重い銀を積んだ船は海の藻屑となりました。もちろん船員もろともだ。

そういう時代の非常にリスクのある日蘭貿易。そこでオランダは一般から大きく出資者を募り、VOC、つまり世界で最初の株式会社を形作り、ユーザーに金銭的なリスクを与えるシステムを考案したんです。

利益欲しさにヨーロッパのユーザーたちが殺到!

ポイントは、「ジパングや英領インドから算出される金銀財宝や香辛料などを安全に持ち帰ればその分け前に株主があずかれる。しかし、遭難して船も財宝も海の藻屑となれば、出資金は戻って欠ける。その大きいリスクの分だけ、リターンも広いよ」、というアングロサクソン一流の搾取システムだ(苦笑)

要は「ジパングから金銀財宝、インドから香辛料を大量に安い値段でかすめ取って、一緒にがっぽり儲けようじゃないか! その分け前にあずかりたい人、こういう指とまれ!」といったVOCの株券を売って、資金を集めました。

やがてこういうアジア貿易のための資金を取り集める金融コーディネーターは、ロンドンのシティに集約し、「マーチャントバンク」と呼ばれるようになってきました。「貿易商人(マーチャント)のための金融機関(バンク)」というわけですね。
今日、マーチャントバンク(イギリス英語)は、アメリカ流にインベストメントバンク(投資銀行)と呼ばれています。日本の法制度では「金融商品取引業者」、または単に「証券会社」と呼ばれます。

カードローンで破産する人とは?

市場が通常取引できる時間は9時~15時だ
昼間に仕事をしている人などは、リアルタイムで売買できないという人が大半だと思います
当日売買ができない人は、従来ならば夜に翌日の注文を証券会社に入れていました
この場合は、あくまでも翌朝の注文になり、約定も翌日に持ち越されていました
そこで、最近一部の証券会社で「夜間取引」が可能となりました
株の夜間取引は、昼間の株式取引が終了した大引け後から翌朝の取引開始までの夜間(主に17時~24時の間に得ることが多い)に株式取引を行うことです
夜間取引が昼間の取引という大きく異なるのは、取引の方式だ
昼間の取引では東京市場などの各市場にて行われますが、夜間取引は、市場を使わず各証券会社が独自に作り出したPTS「私設売買システム」を通じて行われます
つまり、東京市場ではなく独自のシステムで注文を出すことになり、マーケットが閉まっている夜間も取引ができるというわけです
私設売買システムは、日本版ビッグバン(金融大改革)の一環として、1998年12月毎日施行の金融システム改革法で、証券会社に開設と運営が認められるようになったもので「電子情報処理システムにおいて、同時に多数の顧客を相手に有価証券の売買又はその媒介等を行うもの」って定義されています
夜間取引はどんな人に向いているか考えると、必ずその日のうちに手仕舞い講じるという生粋のデイトレーダーにとっては、売買が成立するかどうかわからない夜間取引に引き延ばすことは控えるので、あまり利用はしないのではないかと思われます
短期間で売買を完結させるスイングトレーダーにとっては、売買のチャンスが目立ち、ミスプライスを拾える可能性もあるので、メリットが有るのではないでしょうか
夜間取引は各証券会社によって取引ルールが異なるのもポイントのひとつだ
今までは通常取引手数料や取扱銘柄に違いはあっても、業者によって根本の取引ルールが違うことはありませんでした
しかし、夜間取引の導入後は、各業者で採用している取引システムも異なっています
例えば、楽天証券のマーケットメイク方式や、マネックス証券の昼間の終値をもちまして流用する取引価格など、バリエーションに富んでいるのがわかります
このように各業者によって取引のルールが異なるは、自分の取引スタイルに適した業者を見つけ易いということです
それぞれのライフスタイルや取引スタイルでやれるのも夜間取引のメリットと言えるでしょう

投資メリットデメリット違い

①株価の働く仕組みといった、如何なる株が上がるのかを知る。
②お客様が変わる典型的な心理バイアスを分かる。
③リスクヘッジを策する株の組み合わせ(ポートフォリオ)を分かる。
④自らどの位リスクに踏みとどまれるのか、耐性を知る。
⑤投資哲学を確立。短期的な株価に左右されない信念を持つ。

以上の5つが負けないためには必ず必要です。少ししんどい様に見受けるは思いますが、こういうブログを読み終わるころにはだいぶ理解できるようになっているはずです。まずはざっくりもいいので、頭に入れておいてください。
そしていきなりできるようになれは言いませんので安心して下さい。徐々に自然にできるようになりますよ^^

バイナリーオプション

株は?

株は、『株式会社の持ち主が誰ですかを表す権利書のようなもの』だ。資金調達の手段において、会社は株券を発行行なう。

その株券を一般の人が購入し、その調達した資金で会社を運営し事業を拡大していきます。事業規模が拡大すればするほど株の価値も上がっていくので、株主も利益を得ることができるのです。

株といった配当の仕組み

配当は、『会社の利益の一部を株主に払戻す仕組み』だ。事業規模の拡大により会社の売上があがり、そこから経費って税金を支払った残り(純利益)の一部を、会社の飼主です株主に還元できるのです。配当のされ方は、会社によって変わります。
詳しくは、配当利回りは?>

株価は何を反映してはたらくの?

モノの値段は、理論的には、そのモノが取り出すキャッシュフローを現在価値に割り引いた金額の総和だ。だから会社の価値は、その会社が将来稼ぐキャッシュフローの現在価値の総和です。会社の価値を、発行した株式の数で割ったものが株価になります。

たとえば、あなたが家賃8万3333円(つまり年間の家賃100万円)のワンルームに賃貸でいると行なう。で、あなたはその自分のいるマンションが気に入り、それを買いたいと思いました。大家さんはいくらなら売ってくれるでしょうか?

大家さんは、あなたに部屋を貸すといった年間に100万円の収入がありますよね。このくらいなら課税金額はほぼゼロになるので、税引き後の収入も100万円だとください。で、こういう マンションは今後50年間使えると仮定行なう。

50年間の家賃収入は、100万円 X 50年間 = 5000万円。つまりこういうワンルームの値段は、5000万円についてになりそうです。

も、本当に50年間使えるのでしょうか? 大地震が来て、半崩壊して、修繕のための出費が必要になるかもしれません。また、鉄筋建ては50年じゃなくて100年保つとも言われています。それに家賃収入だって、年間100万円はずっと100万円のままだという保証はありませんよね。

インフレで上がったり、また、デフレで値下げせざるを得なかったりしそうだ。50年後にマンションがボロボロになって、誰も借りてくれないかもしれません。

結局、将来の家賃収入100万円は、不確かな数字です。なので、仮に1年後に100万円を得られる確率を90%だとすると、100万円 X 0.9 = 90万円が、現在の家賃収入の価値となります。これを「現在価値」って専門的には言います。

また、こういう90%の確率を、割引率10%と言います(100%ー90%=10%)。再来年も同様に割引率10%を当てはめて、100万円の2年後の現在価値は、100万円 X 0.9 X 0.9 = 81万円となります。3年後は、100万円 X 0.9 X 0.9 X 0.9 = 100万円 X (0.9^3) = 72万9000円だ(^3は3乗の意味)。

これらの総合計(総和)がマンションの理論的な値段になるんです。
100万円+90万円+81万円+72万9000円+ ・・・・ 
こういう計算は、数学的には、そんな計算式で得られます:

100万円 ÷ 0.1= 1000万円

これは、1000万円を金利10%で預け入れるといった毎年100万円の利息収入が得られることと同じです。毎月8万3333円の家賃のワンルームの価値は、割引率を10%と仮定するって、1000万円となるんです。5000万円よりも将来が不確かなためにずいぶん安くなりますね。

逆に言えば、20年後とか50年後もそのワンルームを所有していても、いくらその時に家賃収入が得られるかなんて分からず、確率計算をするしかない、ということですよね?

株式の価値=株価も、原理的にはワンルームマンションと同じです。会社が毎年稼ぐお金を一定の割引率で割ったものが株価です。

トレードで使うテクニカル分析手法

株式投資にリスクはつきものです。銀行に預けた定期預金という「元本保証」はありません。でも株価が上下にはたらくから安っぽいところ買って、激しくなったら売れば儲かるわけで、株価が変化しなかったら、わずかな配当金のみが株式投資の収益源で、それじゃ楽しくもなんともないですよね。

つまり、「利益はリスクを取るためしか生まれない」んです。でも、「月後に株価がどうはたらくのかなんて誰もわからないし、買ってから安くなったら、結局、高く買って安く売り、大損、ってなるんじゃない?やっぱ株って危険です!」って普通思いますよね。

どうしたら株式投資で「渡り合える」のか?

テニスのトーナメント戦で、くだらないミスをしなければ、そのうち相手がミスをして、最後に自分ひとりが残り、優勝もらえるというパターンありますよね。

これとおんなじ原理で、要は「株で勝つことをずっと続けていくことはとても酷い。ならば、取りこぼしなければ結局相手がミスを犯し負けてくれるので、自分は最後に勝ち残れる」ってわけです。

「渡り合える株」ってとても単純で、理にかなっていらっしゃるって思いませんか?取りこぼしなければ、ずっと株式投資を続けられ、稼げることができます。では次に、株で「負けてしまう」はどんな状態を言うのでしょうか?

株で「負けている」4つの状態

①買った株が下落、怖くなって投げ売りして、大損確定。
②働く株価に翻弄。短期トレードに疲れて株をやめる。
③市場全体が暴落、恐怖に駆られて全部投げ売り。
④どの銘柄を買ったらいいかわからず、適当に株式投資。

すでに株式投資を経験されている方は、「それって自分のことだ」って覚えありますよね?(苦笑)そんな株式投資では、テニスコートに立つ前からもう負けは決まっているも同然だ。

バイナリーオプション必勝法

企業がビジネスを通していくためには、さまざまなものが必要です
店舗や事務所、営業用の車両、コンピューター、コピー機、働き手への給料など、すべてを維持していくためには莫大な有償になります
こういうお金を全て、自ら有するもので賄うことができれば良いのですが、普通はそういう莫大なお金はありません
そこで、企業は銀行からお金を借受けたり、自社の株式を発行したりして資金を調達します
つまり、株は会社がビジネスを展開して出向く資金を調達するための一案なのです
株式(株券)は、簡単に言うと、株式会社にお金を出資した認可のようなものです
会社が株券を発行する主な目的は資金調達なので、その株を貰うはその会社の資金調達の一端を担うということです
言い換えれば、その会社の一部を保有するということです
資金を出資した人(株主)は、会社の利益から配当金を得る権利や、会社の経営に関することのできる議決権など、さまざまな権利を取得することになります
株式は、これらのさまざまな権利を証明できるものと言っても良いだ
株式を保有している企業が増収、増益となった時は、その企業の価値が高まります
そして、株主は配当金を多く受け取れる希望が高まり、株価が上昇する期待を持つことができます
つまり、最大手の株を保有するは、株価が上昇したときの売却益(キャピタルゲイン)を得るチャンスを持っているということです
株式会社は星の数ほどたくさんありますが、どの会社の株も払えるというわけではありません
株式会社の株は、東証やジャスダックなどの証券市場に上場することによって、はじめてユーザーがその株を選べるようになります
「株を貰う」は、その会社に投資をするとしてあり、会社の一部を保有する権利を買ったということになります
つまり、会社のオーナーになるに関してに他なりません
例え少額の投資だとしても、常に自分はオーナーであるということを自覚しておきましょう

バイナリーオプションの攻略

証券会社は、株の仲介業務やる業者のことです。
株を貰うためには、証券会社に株取引の口座を開設する必要があります。株の売買を仲介できる免許は証券会社しか欠けるからです。

証券会社は言わばマンションを貰うときの不動産会社のようなものです。または、キャベツを貰うときの八百屋さんのようなもので、株の仲介業務をしています。

株は証券会社でしか買えない!

銀行にお金を預け入れることと、証券会社の口座に株購入の資金を送金することは、一見似ていますが、根本的な違いがあります。

それは銀行に預けたお金は、銀行にお金を貸したことになり、銀行のものになります。お金をATMで呼び覚ますことは、その銀行に貸したお金を返して味わう行為だ。

それに対して、証券会社に送金したお金は、証券会社ではなく、買った株式を発行していらっしゃる会社のものになる、ということです。またトヨタを例に挙げると、野村証券としてトヨタ株を買うと、あなたのお金はトヨタの権利を貰うのに生きるわけで、野村証券には残りません。

バイナリーオプションブログ