1990年代のバブル崩壊以降、日本では当時の株価をいまだ超すことができません。 2015年にはやっと日経平均株価が2万円に達しましたが、それでもバブル期の株価に比べたら10000円以上もちっちゃいのです。

一方、毎年高値を更新積み重ねるのがアメリカのダウ工業株価だ。 リーマンショック時は停滞しましたが、近年の経済不安は難なくこなして、新高値を目指し続けている。

低迷講じる日本と株価上向きのアメリカのどちらに投資するか、と問われたら、普通はアメリカですよね。

米国株式への投資と言うと、なんだかハードルが高い印象を受けるかもしれません。 が、現在は日本国内のネット証券を利用すれば、簡単に投資行える環境が整っています。

以下では米国株式への投資に関して、概略を紹介します。

ちなみに筆者はニューヨーク市場に上場するETFの売買を通じて、初めて海外株式デビューをしました。 ETFならNISAのキャンペーンにて買付手数料無しで貰えたり講じるんですよね。

米国株式が手軽な理由

米国株式への投資は、おそらくあなたが想像するよりも遥かに手軽だ。 その最大の理由は、初めての株式購入。株を貰うにはいくら有償なの?で触れた単元株制度がないため、1株から株式を売買できるためだ。

例えば、最近上場したLINE株式会社の株を購入する場合、日本では40万円程度の有償ですが、米国市場の場合は40ドル程度で済みます(米国市場のLINEはアメリカにおいて海外に投資する方法 -ADRによる株式売買-を)。

インストックネットは10万円程度からの少額資産運用を紹介するサイトですが、実際日本の株式は10万円の運用資金では買えない銘柄も多いです。 一方、単元制度の無い米国株式の場合には、おそらく上場するほとんどの銘柄に投資できるはずです。

AppleもGoogle(グーグルに投資する方法)も1,000ドル(約10万円)未満で1株支払えるのです。

米国株式でどのように利益を押し流すの?

米国株式には、原則株主優待制度はありません。 そのため、運用上の利益は、

マージン
配当金・分配金
貸株
のいずれかで利益を描き出す必要があります。

優待が無い以外は、特に日本の現物取引と異なる点は無いですよね。

マージンで利益を押し出す

買った株式が値上がりしたら売却する、というごく普通の運用だ。

配当金・分配金で利益を打ち出す

保有する株式の株主になって配当金を貰う、というごく普通の運用だ。

米国株式は、株主優待が無い分だけ利回りが大きい銘柄も数多く、4%前後かそれ以上の銘柄も数多く存在します。 それをNISA口座において保有することでリターンを得るのです。

ドル建てでの入金になりますが、ETFは毎月分配の海外ETFに投資してみようのように、毎月分配が受け取る銘柄もあります。

なお、配当金・分配金は米国本土での課税を通じて10%が源泉徴収されている。 特定口座で保有している場合には、日本での課税も向かうために、ダブル課税になってしまいます。

これは少々手間がかかりますが、確申を通じて外国税額控除を申請することで、日本での課税を減税頂けるだ。

なおNISAで保有していても、10%は源泉徴収されます。 NISAの場合、日本国内では非課税のためにダブル課税に該当せず、外国税額控除によることはできません。

ちょっと面倒臭いところですね。

配当金をお得に運用する方法

余談ですが、ドルで取得した配当金・分配金には金利がつきません。 そこでオススメしたいのが、外貨建てMMFで資産運用!外貨預金ものの低リスクが魅力!で紹介した外貨建てMMFでの運用だ。

外貨建てMMFは、日本円MMFと異なり、30日以内で解約してもペナルティがつきません。 取引にタイムラグが無いため、任意のタイミングでMMFを取り崩して米国株式の買い付けに充てる、といった運用が可能です。

筆者は毎月分配の海外ETFに投資してみようで示したETFから得た分配金をドル建てMMFに放り込んでいる。 ある程度まとまったら次のETFを貰う、という運用方法だ。

貸株で利益を鳴らす

自身が保有する株を貸し出すことを貸株と言います。 貸株を通じて貸株金利を受け取ることができるため、万が一塩漬けになったとしても利益を見込むことが出来ます。

バイナリーオプションとFX

どの証券会社からも米国に投資もらえる
10000円程度の少額からもらえる
銘柄を選ぶ必要が無い
手数料の高い投資信託や通貨選択型(通貨選択型の投資信託って何?)もある
などの特徴があります。

少額で銘柄を選ぶ必要は無いのですが、投資信託には際立つ商品ってあまり優れていない商品が混在しており、商品選択が酷い面もあります。

一方、米国株への直接投資の場合、

1株から投資できるので投資信託以上に少額から投資見込める
GoogleやAppleなど有名な企業に直接投資もらえる
海外ETFは日本の投資信託に関して手数料体系が安価
といった利点があります。

好みにもよるでしょうが、個別企業への投資や効率的な運用を目指すなら米国株への直接投資を、より手軽さを重視するなら投資信託を選ぶのが良いと思います。

もちろん両方利用するのもOKです。

キャッシングを手軽に考えると破産