株は?

株は、『株式会社の持ち主が誰ですかを表す権利書のようなもの』だ。資金調達の手段において、会社は株券を発行行なう。

その株券を一般の人が購入し、その調達した資金で会社を運営し事業を拡大していきます。事業規模が拡大すればするほど株の価値も上がっていくので、株主も利益を得ることができるのです。

株といった配当の仕組み

配当は、『会社の利益の一部を株主に払戻す仕組み』だ。事業規模の拡大により会社の売上があがり、そこから経費って税金を支払った残り(純利益)の一部を、会社の飼主です株主に還元できるのです。配当のされ方は、会社によって変わります。
詳しくは、配当利回りは?>

株価は何を反映してはたらくの?

モノの値段は、理論的には、そのモノが取り出すキャッシュフローを現在価値に割り引いた金額の総和だ。だから会社の価値は、その会社が将来稼ぐキャッシュフローの現在価値の総和です。会社の価値を、発行した株式の数で割ったものが株価になります。

たとえば、あなたが家賃8万3333円(つまり年間の家賃100万円)のワンルームに賃貸でいると行なう。で、あなたはその自分のいるマンションが気に入り、それを買いたいと思いました。大家さんはいくらなら売ってくれるでしょうか?

大家さんは、あなたに部屋を貸すといった年間に100万円の収入がありますよね。このくらいなら課税金額はほぼゼロになるので、税引き後の収入も100万円だとください。で、こういう マンションは今後50年間使えると仮定行なう。

50年間の家賃収入は、100万円 X 50年間 = 5000万円。つまりこういうワンルームの値段は、5000万円についてになりそうです。

も、本当に50年間使えるのでしょうか? 大地震が来て、半崩壊して、修繕のための出費が必要になるかもしれません。また、鉄筋建ては50年じゃなくて100年保つとも言われています。それに家賃収入だって、年間100万円はずっと100万円のままだという保証はありませんよね。

インフレで上がったり、また、デフレで値下げせざるを得なかったりしそうだ。50年後にマンションがボロボロになって、誰も借りてくれないかもしれません。

結局、将来の家賃収入100万円は、不確かな数字です。なので、仮に1年後に100万円を得られる確率を90%だとすると、100万円 X 0.9 = 90万円が、現在の家賃収入の価値となります。これを「現在価値」って専門的には言います。

また、こういう90%の確率を、割引率10%と言います(100%ー90%=10%)。再来年も同様に割引率10%を当てはめて、100万円の2年後の現在価値は、100万円 X 0.9 X 0.9 = 81万円となります。3年後は、100万円 X 0.9 X 0.9 X 0.9 = 100万円 X (0.9^3) = 72万9000円だ(^3は3乗の意味)。

これらの総合計(総和)がマンションの理論的な値段になるんです。
100万円+90万円+81万円+72万9000円+ ・・・・ 
こういう計算は、数学的には、そんな計算式で得られます:

100万円 ÷ 0.1= 1000万円

これは、1000万円を金利10%で預け入れるといった毎年100万円の利息収入が得られることと同じです。毎月8万3333円の家賃のワンルームの価値は、割引率を10%と仮定するって、1000万円となるんです。5000万円よりも将来が不確かなためにずいぶん安くなりますね。

逆に言えば、20年後とか50年後もそのワンルームを所有していても、いくらその時に家賃収入が得られるかなんて分からず、確率計算をするしかない、ということですよね?

株式の価値=株価も、原理的にはワンルームマンションと同じです。会社が毎年稼ぐお金を一定の割引率で割ったものが株価です。

トレードで使うテクニカル分析手法