米国株の投資信託

どの証券会社からも米国に投資もらえる
10000円程度の少額からもらえる
銘柄を選ぶ必要が無い
手数料の高い投資信託や通貨選択型(通貨選択型の投資信託って何?)もある
などの特徴があります。

少額で銘柄を選ぶ必要は無いのですが、投資信託には際立つ商品ってあまり優れていない商品が混在しており、商品選択が酷い面もあります。

一方、米国株への直接投資の場合、

1株から投資できるので投資信託以上に少額から投資見込める
GoogleやAppleなど有名な企業に直接投資もらえる
海外ETFは日本の投資信託に関して手数料体系が安価
といった利点があります。

好みにもよるでしょうが、個別企業への投資や効率的な運用を目指すなら米国株への直接投資を、より手軽さを重視するなら投資信託を選ぶのが良いと思います。

もちろん両方利用するのもOKです。

キャッシングを手軽に考えると破産