夜間取引を行う

市場が通常取引できる時間は9時~15時だ
昼間に仕事をしている人などは、リアルタイムで売買できないという人が大半だと思います
当日売買ができない人は、従来ならば夜に翌日の注文を証券会社に入れていました
この場合は、あくまでも翌朝の注文になり、約定も翌日に持ち越されていました
そこで、最近一部の証券会社で「夜間取引」が可能となりました
株の夜間取引は、昼間の株式取引が終了した大引け後から翌朝の取引開始までの夜間(主に17時~24時の間に得ることが多い)に株式取引を行うことです
夜間取引が昼間の取引という大きく異なるのは、取引の方式だ
昼間の取引では東京市場などの各市場にて行われますが、夜間取引は、市場を使わず各証券会社が独自に作り出したPTS「私設売買システム」を通じて行われます
つまり、東京市場ではなく独自のシステムで注文を出すことになり、マーケットが閉まっている夜間も取引ができるというわけです
私設売買システムは、日本版ビッグバン(金融大改革)の一環として、1998年12月毎日施行の金融システム改革法で、証券会社に開設と運営が認められるようになったもので「電子情報処理システムにおいて、同時に多数の顧客を相手に有価証券の売買又はその媒介等を行うもの」って定義されています
夜間取引はどんな人に向いているか考えると、必ずその日のうちに手仕舞い講じるという生粋のデイトレーダーにとっては、売買が成立するかどうかわからない夜間取引に引き延ばすことは控えるので、あまり利用はしないのではないかと思われます
短期間で売買を完結させるスイングトレーダーにとっては、売買のチャンスが目立ち、ミスプライスを拾える可能性もあるので、メリットが有るのではないでしょうか
夜間取引は各証券会社によって取引ルールが異なるのもポイントのひとつだ
今までは通常取引手数料や取扱銘柄に違いはあっても、業者によって根本の取引ルールが違うことはありませんでした
しかし、夜間取引の導入後は、各業者で採用している取引システムも異なっています
例えば、楽天証券のマーケットメイク方式や、マネックス証券の昼間の終値をもちまして流用する取引価格など、バリエーションに富んでいるのがわかります
このように各業者によって取引のルールが異なるは、自分の取引スタイルに適した業者を見つけ易いということです
それぞれのライフスタイルや取引スタイルでやれるのも夜間取引のメリットと言えるでしょう

投資メリットデメリット違い